公式 暗記 数学

公式暗記に頼らず本質を理解するための数学

公式,暗記,数学

数学を勉強する際に公式を暗記して問題を解くときにそれを当てはめる人をよく見かけます。
定期テストであればそれでしのげるかもしれませんが、大学受験になるとそれでは通用しません。

 

特に難関大学になってくると数学は記述式ですので、問題文を見た時にストーリが思い浮かばなければ解くことができません。
私は大学受験をしてまして、1年間の浪人時代を経験しております。

 

現役時代の私の数学の勉強の仕方は公式を暗記して当てはめて解くというものでした。
もちろん大学受験レベルになると歯が立ちませんし、数学の点数が伸びませんでした。

 

浪人時代は現役時代の反省を踏まえて数学の勉強方法を変えました。
これまでの暗記に頼る勉強法をやめ、各大学の過去問を解いて、問題の本質を理解する方法にシフトしました。

 

問題を解いて解答を見る際に、公式の使われ方に着目しながら理解していきました。
さらに自分の手で解答をかけるようになるまで繰り返し同じ問題を解きました。

 

その結果、公式を暗記する必要がなくなり、記述式の問題を解けるようになりました。
数学は才能であるとかひらめきでであるというふうに考えられがちですが、数学に関しては正しい勉強方法をすれば必ず伸びます。

 

数学の点数が伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。